ドリームジャンボ宝くじ発売初日に有楽町駅中央口大黒天売場で購入代行サービス

有楽町駅中央口駅前

 
4月4日一粒万倍日となったドリームジャンボ宝くじの発売初日です。
有楽町駅中央口駅前は時間が早いので通勤ラッシュの感じです。
 

ドリームジャンボ宝くじ5億円の看板

 
ドリームジャンボ宝くじ5億円の奥に見えるのは、有楽町大黒天売場です。
年末ジャンボ宝くじでは3年連続で10億円を出している、ブイブイのイケイケ宝くじ売場ですね。
 

一粒万倍日ののぼりで記念撮影

 
こんな朝早くからでも、大音量のガンガンマイクの宣伝で熱く盛り上がっている売場です。
一粒万倍日のノボリも、ご利益が有りそうな雰囲気を醸し出しております。
 

窓口でドリームジャンボ宝くじを購入中

 
こんな感じでドリームジャンボ宝くじを買っちゃいます。
前もって宝くじ取り置きの予約をしているので、すんなりと買っちゃいます。
 

売場の横からスタッフから宝くじを受け取りました

 
「毎度、お疲れ様です。倉井です。」って感じでご挨拶をして、「毎度お世話になってます。じゃ、こちらですので、領収書と宝くじの枚数確認をお願いします。」って感じでサクッと頂きました。
 

大黒天様に宝くじ高額当選のお願い

 
毎度お約束の、有楽町名物の大黒天様にドリームジャンボ宝くじ大当たりのお願いもバッチリしました。
去年の年末ジャンボでは、日本で唯一1等10億円を2本も出しちゃったので、今回も期待が膨らみますね。
 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

ドリームジャンボ宝くじ発売初日に西銀座チャンスセンターで購入代行サービス

1番窓口の長い行列

 
4月4日一粒万倍日となったドリームジャンボ宝くじの発売初日です。
本日は気温も上がり天気も良くて絶好の宝くじ購入日和となりました。
 

一粒万倍日ののぼりの奥には宝くじ売場

 
西銀座チャンスセンターには朝7時半には到着致しました。
これからオープニングイベントが始まるので、売場は緊張感が漂っている雰囲気ですね。
 

宝くじらのくーちゃん

 
こちらはのどかな雰囲気の宝くじらのく~ちゃんです。
よさこいとか和太鼓とかジャズの時とかの音楽に合わせて踊る姿が可愛いです。
 

ドリームジャンボ宝くじの購入方法の説明

 
日本全国のチャンスセンターでは一斉に縦バラや特バラや特連の購入方法の名称が変わりました。
とりあえず開運★当り隊では、今まで通りの名称でまだまだやります。
 

オープニングイベントのよさこい踊り

 
オープニングイベントには毎年恒例のドリームよさこい今風ダンスチームが登場です。
西銀座に登場する沖縄とかよさこいとかの踊りのチームはいろんな所で踊っているそうです。
 

幸運の女神さんのカウントダウン

 
時間がギリギリ押しちゃっているところで、のどかに幸運の女神さんが登場してドリームジャンボの口上をご説明です。
しゃべり終わったら、売場の発売開始時間の8時半を過ぎておりました。ちょっとハプニング。
 

宝くじ発売開始で窓口に殺到する多くのお客さん

 
宝くじ発売開始となり、窓口には多くのお客さんとかマスコミ関係者のカメラとか大混雑になります。
8時45分からは役所さんとか登場してトークショーがあるそうです。
 

イメージキャラクターの夢ーちゃんとツーショット

 
チャンスセンターのイメージキャラクターの夢~たんとインスタばえするツーショット写真です。
でも、私はこれでも恥ずかしいのでインスタグラムはやりません。
 

1番窓口の長い行列

 
10時を過ぎて売場の喧噪が落ち着いた所で私も1番窓口の行列に並びます。
凄く天気が良くて、気温が25度位に上がっちゃって、汗だくになりますね。
 

1番窓口でドリームジャンボ宝くじを購入中

 
こんな感じで1番窓口でドリームジャンボ宝くじ購入代行サービス致します。
1番窓口は2つありまして、関係者的には1番窓口のAという一番左の窓口で買います。
 

売場の前で今日買った宝くじを持って記念撮影

 
一粒万倍日の発売初日では約4500枚のドリームジャンボ宝くじを買いました。
西銀座チャンスセンターは、前回のバレンタインジャンボ宝くじで見事に1等3億円を出しているので、今回も期待が大きく膨らみますね。
 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

茨城県下妻市の大宝八幡宮でドリームジャンボ宝くじ高額当選必勝祈願

大宝駅のホームで記念撮影

 
4回電車に乗って約3時間ほど掛かって秋葉原駅から守谷駅を経由して、茨城県下妻市にある関東鉄道常総線の大宝駅にやって来ました。
東京の西から来ると、かなりですね、遠いですね、電車がね、中々無いんですよ。
 

大宝八幡宮の大きな鳥居

 
本日は、関東では最古の歴史を誇るという、大宝八幡宮(だいほうはちまんぐう)でドリームジャンボ宝くじ高額当選必勝祈願にやって参りました。
到着すると大鳥居が迎えてくれ、続いて立派な随身門(ずいしんもん)が出迎えてくれます。
 

大宝八幡宮の歴史の云われ

 
宝くじの高額当選などの財運招福の御利益があるという事で、多数のメディアにも取り上げられている有名な金運開運神社さんです。
 

拝殿に向かう参道

 
大宝元年(701年)に、国産の金が対馬でとれて、天皇に奉納し「これは大きな宝だ」とお喜びになった天皇が「大宝」という年号を付け、その年に建てられた神社だったので、「大宝八幡宮」という名前になったそうです。
 

手洗い場では七福神の石牌

 
手水舎には、「龍、河童、亀、蛙、七福神」となんとも縁起の良さそうな動物や神様が取り囲み、運気を向上させてくれます。
 

大きな七福神の石牌

 
境内にはいたる所に開運関係の置物や七福神などの石牌があり、さすがに開運パワースポットとして有名な神社さんだなと感心致します。
 

大正天皇の大王松

 
こちらは大正天皇の即位記念樹の大王松でご神木になっております。
拝殿の奥にある本殿は天正五年(1577年)に、下妻城主多賀谷尊経(重経)によって再建されたもので、国の重要文化財に指定されています。
 

大宝八幡宮の大きな神額

 
大宝八幡宮が有名になったのは、2005年に宝くじ売場を運営する会社が販売前の宝くじを大宝八幡宮で高額当選祈願をしてからだそうです。
 

宝くじ高額当選のお願いをする私

 
この会社の宝くじ売場から、翌年2006年のドリームジャンボ、サマージャンボ、年末ジャンボで2等1億円の高額当選が合計8本も誕生!
その後も多くの100万円以上の高額当選が続出しているようで、2006年からの高額当選総額は、なんと40億円を超えているそうです。
 

宝くじにご利益がありという大宝お守り

 
今では茨城県ナンバーワンの金運開運宝くじの御利益が有るパワースポットとして県外からも多くの参拝客が訪れています。
「特に宝くじの高額当選で実績があります」という、もの凄いお守りを大量に大人買いしました。
 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

大阪駅前第4ビル特設売場でバレンタインジャンボ宝くじ購入代行サービス

フォーラム4の大時計

 
夕方で暗くなっちゃいましたが、難波から梅田にやって来ました。
大阪の売場では枚数確認でバタバタしちゃって動画も撮影できなかったし、かなり時間が押しています。
 

バレンタインジャンボ宝くじ宣伝軍団

 
バレンタインジャンボ宝くじ宣伝軍団の方たちです。
最近は良く見かけるようになりました。
 

大阪駅前第4ビル特設売場の入口の横断幕

 
こちらが大阪駅前第4ビル特設売場の入口となります。相変わらず派手ですね。
バレンタインのピンクの装飾が次回のドリームジャンボとかぶりますが、ピンク・ピンクでどうなんでしょうかね。
 

小ぶりのボックスには大勢のお客さんで賑わっています

 
売場のボックスは小ぶりとなっておりますが、多くのお客さんで寒い中熱く盛り上がっております。
寒風ピューピューですが浪速の宝くじファンはたくましいですな。
 

大阪名物3億円ディスプレイ

 
売場の横には大阪名物3億円ディスプレイが見事に鎮座しております。
ちなみに3億円の当選金額は7年ぶりなんですがね、みずほ銀行宝くじ部になんとかしてもらいたいものです。
 

大阪名物スタンプ押し場

 
こちらは大阪名物スタンプ押し場ですね。
多くの浪速のおっちゃんおばちゃんが気合を込めてバンバン押しまくっています。
 

大当たりが295本で557億円も出ているという看板

 
出ていますよ、1億円以上の高額当選が295本で557億円も出ているという西日本ナンバーワンの売場です。
東の横綱が西銀座チャンスセンターで、西の横綱が大阪駅前第4ビル特設売場ですね。
 

売場の前で今日買った宝くじで記念撮影

 
最終大安の大阪駅前では約3500枚のバレンタインジャンボ宝くじ購入代行サービスとなりました。
これからたこ焼きでも食べて、本日宿泊予定地の岡山に移動致します。
夜は岡山駅前のイオンの食堂街で美味しいものでも食べに行っちゃいます。
 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊