佐賀県唐津市の宝当神社でサマージャンボ宝くじ高額当選祈願

新幹線の博多駅ホームで記念撮影

 
大阪から新幹線で博多に到着しました。
夏休み期間中のお盆なので、指定席が取れず、奮発してグリーン車に乗っちゃいました。
今晩の夕飯はカップめんですね(笑)
これから昭和バスに90分位乗って、唐津に移動します。
 

唐津城下の駐車場の中の宝当神社の看板

 
8月10日朝9時前ですが、セミの大合唱が凄い、唐津城下の駐車場の中の海上タクシー乗り場にやって来ました。
タイミングが良く、船が待機していたので、サクッと高島に出発します。
タイミングが悪い時には、1時間位待っても船が来なくて、定期船の船まで待つこともあります。
 

海上から見た唐津城

 
炎天下で凄く暑いのですが、潮風が爽やかな海上タクシー(船)です。
ジリジリと日に焼けながら、海上より凛々しい姿の唐津城を望みます。
 

船に乗って高島に到着して記念撮影

 
元は漁船だったと思われる海上タクシーで、10分ほどで高島に到着しました。
キャリーバックが重いので、海に落ちないか心配になっちゃいます。
 

サマージャンボ宝くじは発売中の横断幕

 
高島に上陸したら早速宝当乃館さんに行って来ます。
サマージャンボ宝くじは、本日が発売最終日となっております。
 

宝当乃館さんの全景

 
宝当乃館さんの社長さんが、昔宝くじで大当たりして建てたという、宝当乃館さんです。
宝くじの購入やお土産などでいつもお世話になっております。
 

派手な装飾の宝くじ売場

 
毎回来るたびに派手な装飾になっていく宝くじ売場です。
去年からサバサンドを派手に売り出して「サバサンドを島の名物にするぞ」とおっしゃっていました(笑)
 

店内でサマージャンボ宝くじを買って記念撮影

 
予約してあったサマージャンボ宝くじを買いました。
たまに宝くじの売り切れが発生することがあるので、気を使います。
島なので宝くじをすぐに補充、というわけにはなかなかいかないそうですよ。
 

宝当神社の入口の看板

 
東京からは1200キロも離れた宝当神社にやっと到着しました。
東京~唐津~東京~お客様のお手元へと2500キロ以上日本を縦断する宝くじです。
さながら7億円という夢を乗せた宝くじ夢紀行といったところでしょうか。
 

境内には金運の派手な看板

 
宝当神社の境内には金運や開運の派手な看板がいっぱいあります。
ご利益が有りそうな雰囲気が漂っているようです。
 

宝当神社の拝殿の全景

 
こちらが日本一宝くじのご利益があると云われる宝当神社の拝殿です。
こじんまりしていますが、開運パワーが秘められています。
 

拝殿の前の看板の前で参拝記念撮影

 
一つ20キロ以上もあるキャリーバックを3人で運び込みました。
撮影していると周りのギャラリーが騒いで写メをバンバン撮っていました。
 

山のように祭壇に積まれたサマージャンボ宝くじ

 
祭壇に積まれた山のようなサマージャンボ宝くじです。
多くのお客様の高額当選に掛ける熱い思いが詰まっています。
右の奥に、お客様のお願いが書かれた開運絵馬を奉納致しました。
 

祭壇に奉られた宝くじで記念撮影

 
今回は約40000枚のサマージャンボ宝くじ高額当選祈願となりました。
7億円と1億円と100万円がどれだけ入っている事でしょうね。期待は大!
 

寶當神社の看板で宝くじ大当たりのお願い

 
お約束の記帳にも寶當神社の神額をバックに、神様に大当たりのお願いをバッチリ書きました。
スタッフ一同、全てのお客様に宝当神社の神様の微笑みが降り注ぐ事を祈っております。
 

野崎酒店さんの店舗全景

 
いつもお土産などでお世話になっている野崎酒店さんにやって来ました。
名物お母さんも元気いっぱいで宝当巾着を販売中でした。
 

猫のふくちゃんのお願いポーズ

 
猫のふくちゃんがお願いポーズをしてくれました。
週刊誌や新聞や写真集やテレビにも出演している有名な猫ちゃんです。
お願いポーズも見れたので、今回はきっと良い事がある!と、確信しちゃいます。
 

帰りの海上から見た高島

 
帰りの海上タクシーから見た高島に別れを告げます。
次回は、12月の年末ジャンボ宝くじで宝当神社にやって来ます。
これから東京に帰って、鬼のように忙しくて、難解で複雑な発送作業が待っております。
 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

岐阜県岐阜市の金神社でドリームジャンボ宝くじ高額当選祈願

昔から産業繁栄、財宝・金運招福、商売繁盛の神として多くの参拝客が訪れる神社として知られています。
ご祭神は金大神(こがねのおおかみ)が主祭神で、渟熨斗姫命・市隼雄命・五十瓊敷入彦命・日葉酢姫命の4柱が祀られています。
金華山のふもとにある伊奈波神社と対をなすとも言われる由緒正しい神社です。
御鎮座は古く西暦135年に金大神を尊崇されたと伝えられています。
現在の建物は昭和63年3月に金神社有史以来の大造営をして平成16年に完成したそうです。
金色の大鳥居は高さ幅ともに約8メートルで平成27年11月に建設以来初めて塗り替えられました。
「金色の鳥居は県内でもここだけ。この輝きをくぐり日々輝かしい生活を送ってもらいたい」という事です。
 

こがね色の大鳥居

 
JR岐阜駅から歩いて10分位で金(こがね)神社に到着です。
 

金神社の看板

 
入口には縦横8メートルの金色に輝く大鳥居がそびえています。
 

広々とした境内

 
住宅街の中にある広々とした神社です。隣は広い金公園です
 

龍の蛇口のお浄め水場

 
入ってすぐの龍の蛇口の手洗い場で身を清めます。
 

ご利益が有りそうな雰囲気の境内

 
平成16年に建て替え工事が終了して綺麗な神社になりました。
 

拝殿の前の狛犬

 
二匹の狛犬が守るとても大きな本殿が正面に鎮座します。
 

おみくじ

 
お土産のお約束はおみくじが定番です。
 

破魔矢

 
こちらの神社は破魔矢の種類も多く力を入れているようですね。
 

金神社のお守り

 
金神社のお守りはご利益が有りそうですね。全体的にお値段は高め・・・
 

多くの参拝客が訪れている拝殿

 
寒い平日ですが拝殿には大勢の参拝客が訪れていました。
 

立派なしめ縄

 
見事なしめ縄があります。ご利益が有りそうですね。
 

金神社の看板

 
6月に行う宝くじ高額当選祈願がこがね色に輝きそうです。

 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊