岐阜県岐阜市の金神社でドリームジャンボ宝くじ高額当選祈願

JR岐阜駅の看板

 
名古屋から電車に乗ってJR岐阜駅にやって来ました。夕方になって結構涼しいですね。
 

岐阜駅前の黄金の織田信長像

 
岐阜駅前には黄金の織田信長像が派手に鎮座しています。しかし、毎回思うのですが、写真が撮りずらい像なんですよね。
 

金神社に到着しました

 
岐阜駅からは徒歩10分程で開運招福の金神社に到着です。とにかく敷地が広いんです。
 

黄金色の大きな鳥居で記念撮影

 
去年に引き続き黄金色の大鳥居のご利益を頂きに来ました。天気も良くて絶好の参拝日和となりました。
 

非常に広い境内全景

 
金運や財運にご利益がある神様として古くから有名な神社です。今回も期待が大きく膨らみます。
 

派手で綺麗な装飾の本殿全景

 
テレビにも良く登場して、広くて派手で豪華で風格がある本殿でご祈祷を行います。
 

本殿の中で巫女さんの太鼓で祈祷の開始

 
巫女さんの太鼓によって2017年度ドリームジャンボ宝くじ高額当選祈祷が開始します。
 

非常に広い本殿の中で祈祷が進行します

 
本殿の中は広く神職の方のキレのある口上が響き渡ります。本殿の中は広くてちょっと聞き取りづらいんですがね。
 

大量に奉られたドリームジャンボ宝くじの山

 
皆様の高額当選に賭ける熱い思いが詰まった宝くじを奉ります。大当たりが入っていると思いますよ。
 

本殿に神職の方の口上が響き渡ります

 
マズイ、音録音ICレコーダーのスイッチが今まで切れてました。ご祈祷の最初から最後まで別音源にしようと思っていましたが残念です。
 

神職の方が白い御幣でお祓いをします

 
白い御幣でバサバサとお祓いをします。これぞ祈祷シーン。神様の前で煩悩とか邪気とか穢れを祓うという感じでしょうかね。
 

ドリームジャンボ宝くじを福鈴でご利益を注入

 
金色の鈴(福鈴)で奉ったドリームジャンボ宝くじにご利益を降り注ぎます。ご利益が有りそうです。
 

福鈴を私にも降ってご利益注入

 
私もシャリンシャリンと御利益を注入して頂きました。責任者の私がラッキーマンにならなければ始まりませんね。
 

私も二礼二拝一礼をします

 
私も二礼二拝一礼をして金神社の神様に大当たりのお願いをバッチリします。巫女さんが上手に導いてくれます。
 

ご祈祷が終わりお札やお守りを頂きます

 
無事にドリームジャンボ宝くじ高額当選のご祈祷が終了しました。大人買いしたお札やお守りも頂きます。
 

本殿の前でバックに詰まった宝くじで記念撮影

 
今回は29000枚のドリームジャンボ宝くじ高額当選祈祷となりました。当たったらご一報下さ~い!
 

金神社でドリームジャンボ宝くじ高額当選祈願風景
YouTubeの動画でご覧下さい


 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

岐阜県岐阜市の金神社で2017年度ドリームジャンボ宝くじ高額当選祈願

黄金色に輝く金神社の大鳥居

 
昨年に引き続き、岐阜県岐阜市の金神社(こがねじんじゃ)で6月2日に宝くじ高額当選の祈祷に行ってきます。
迫力のある日本一の黄金の鳥居があり、金運や財運にご利益がある神様として古くから有名な神社です。
派手で豪華で広々とした本殿で執り行うご祈祷は、見事な神事というキレと迫力があり、高額当選の期待が膨らみます。
 

本殿の前で宝くじで記念撮影

 
金神社は昔から産業繁栄、財宝・金運招福、商売繁盛の神として多くの参拝客が訪れる神社として知られています。
ご祭神は金大神(こがねのおおかみ)が主祭神で、渟熨斗姫命・市隼雄命・五十瓊敷入彦命・日葉酢姫命の4柱が祀られています。
金華山のふもとにある伊奈波神社と対をなすとも言われる由緒正しい神社です。
御鎮座は古く西暦135年に金大神を尊崇されたと伝えられています。
 

宝くじ高額当選のご祈祷シーン

 
現在の建物は昭和63年3月に金神社有史以来の大造営をして平成16年に完成したそうです。
金色の大鳥居は高さ幅ともに約8メートルで平成27年11月に建設以来初めて塗り替えられました。
「金色の鳥居は県内でもここだけ。この輝きをくぐり日々輝かしい生活を送ってもらいたい」という事です。
 

 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

鳥取県日野郡の金持神社でグリーンジャンボ宝くじ高額当選祈願

根雨駅前の石牌

 
朝一番に岡山駅を出発して、特急やくもに乗って根雨駅に到着致しました。去年はなかったのですが、駅前には新設された公衆トイレと石牌が有りました。
 

根雨駅の街並み散策マップ

 
根雨駅の街並み散策マップです。駅前はコンビニや食堂や商店などもなくて寒しい感じです。ちょっと歩くと手打ちそばのお店やオシドリの観察所や川下りなどがあり楽しめますね。
 

金持神社のお土産が売っている売店

 
根雨駅からタクシーで10分ほどで、国道沿いの金持神社のお土産などが売っている売店に到着します。今回も大量におみくじや箸などを買いました。
 

金運・開運を願うなら金持神社と書かれたのぼり

 
「金運・開運を願うなら金持神社」に到着です。国道から歩いて川を渡り、山の麓に金持神社の鳥居があります。
 

神額に金持神社と彫られた鳥居

 
神額に金持神社と彫られた鳥居があります。かもちじんじゃと読みますので。かなり歴史のある神社のようですよ。
 

88段もある参道の階段

 
この88段?の階段を登らなければ境内にはたどり着けません。恐ろしく重いバックを持ってきているので、裏の道を上って境内に到着です。
 

拝殿に到着して参拝記念撮影

 
ゼーゼー言いながら境内に到着したら大雨が降って来ました。年季の入った拝殿ですね。宮司さんを待つ間にお札やお守りや根付を大量に買います。
 

凄い数の絵馬

 
多くの人たちの願いが書かれた絵馬です。境内や拝殿の裏などにびっしりと大量に奉納されていました。私を含めて日本人は神様にお願いが大好きですからね。
 

拝殿の中に飾られている指画の龍神之図

 
拝殿の中には、指で描いたという「龍神之図」が迫力満点です。日野町根雨出身の画家濱田さんの作品が奉納されています。
 

祭壇に宝くじを山のように奉りました

 
祭壇に奉ったグリーンジャンボ宝くじの山です。皆様方の高額当選に掛ける熱い思いが詰まっております。寒いのでストーブをガンガンに炊いて頂きました。
 

宮司さんの太鼓でご祈祷に始まりです

 
宮司さんによるリズミカルな太鼓でご祈祷の開始となります。鳥取県の山の中という事で本当に寒いんです。さっきヒョウも降って来ました。
 

宮司さんの口上が響き渡ります

 
宮司さんのありがたい口上が響き渡ります。ご高齢ですが凛とした雰囲気の宮司さんです。
 

白い御幣でお祓いをします

 
白い御幣でバッサバッサとお祓いを致します。祭壇の方は照明が無く暗いので、宝くじのお祓いシーンは撮れませんでした。
 

祝詞奏上(のりとそうじょう)の儀で祝詞を読みお願いです

 
祝詞奏上の儀で祝詞を読み神様にお願い事を致します。「のりとそうじょう」と読みます。ご祈祷も神社によって特色があります。
 

二礼二拝一礼をして神様に大当たりのお願いをします

 
私も二礼二拝一礼をして神様に大当たりのお願いをします。歯を食いしばるほどの気合を入れて400人分の高額当選のお願いを致しました。
 

宮司さんの太鼓でご祈祷が終了しました

 
最後に宮司さんのリズミカルな太鼓でご祈祷が終了致しました。神社によって色々な太鼓のサイズやリズムが有りますね。
 

ご祈祷が終わり宮司さんとご挨拶

 
無事にご祈祷が終了して宮司さんとご挨拶です。皆様方に金持神社の神様の微笑みが降り注ぐ事を祈っております。
 

グリーンジャンボ宝くじの山

 
今回は25000枚のグリーンジャンボ宝くじ高額当選のご祈祷となりました。これから米子空港に行って飛行機で帰ります。帰ったら急いで発送の準備を致します。
 

 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

グリーンジャンボ宝くじでは鳥取県日野町の金持神社で高額当選祈願!

金持神社の鳥居の神額

 
昨年に引き続き、鳥取県日野郡日野町にある金持神社で3月14日に宝くじ高額当選ご祈祷に行ってきます。
宝くじやロトやナンバーズに競馬と「ギャンブルに強くなった」と言い切る参拝者などの話があるそうです。
礼所に立ち寄った人から「ギャンブルに強くなった」「参拝したおかげで商売がうまくいった」などの話が多数あるそうです。
 

本殿の前で参拝記念写真

 
「還暦に億万長者になりました。有難うございました」
「ロト6と競馬と宝くじがあたりました。ありがとうございました。」
「ジャンボ宝くじで3億円に当選しました」など、億万長者になる人が多いので、グリーンジャンボ宝くじでも期待が膨らみます。
 

金持神社のご祈祷風景

 
810年出雲の神官の次男が伊勢神宮参の為にこの地を通りかかったところ、お守りとして身に着けていた神前の根付の玉石が急に重くなりました。そしてこの地に宮造りするよう神夢があったので、宮造りしたと伝えられています。
 

宮司さんによる白い御幣でお祓い

 
昔の金持郷は黄金より勝ると言われた「玉鋼」の産地で、原料の真砂鉄が採れる谷を多く所有し、金具の文字で表されているように鉄の事を「かね」と読んでいた事から、金の採れる谷を多く持つ郷「金持」と呼ばれるようになったと伝えられています。

 

祭壇に奉った宝くじの山の前で記念撮影

 
日本で一番景気の良い名字の「金持」。その金持性のもとになった地名がこの地です。
歴史は古く鎌倉幕府御家人の金持広親は1205年から守護職としてこの国を治め、鉄器製造が盛んである地域に相応しく、国宝の太刀「童子切安綱」で知られる日本最古の刀匠で伯耆安綱を輩出しています。金持性は吾妻鏡などにも記載のある由緒ある名字です。

 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

グリーンジャンボ宝くじ高額当選祈願で東京日本橋室町にある福徳神社に参拝

日本橋室町のビル街に囲まれた神社

 
2017年度グリーンジャンボ宝くじ高額当選必勝祈願で、宝くじ発祥神社の一つである、東京都中央区日本橋室町にある福徳神社に参拝致しました!
東京駅からほど近い、コレド室町の裏側の、ビルに囲まれた一角に福徳神社はあります。
 

福徳神社の鳥居で参拝記念撮影

 
福徳神社は、江戸時代に富くじの発行を許された、数少ない社寺の一社です。
徳川家康が何度も参拝に訪れていて、テレビや雑誌で非常に有名な宝くじ開運神社ですね。
 

福徳神社の本殿の全景

 
江戸幕府以前は太田道灌公を合祀し、その兜・矢・鏃などが奉納されたそうです。
福徳神社は武将の信仰が厚く、源義家朝臣が深く崇敬されていた事が伝わっています。
 

御神水で身を清めています

 
二代将軍徳川秀忠が参詣したところ、「福徳とはまことにめでたい神号である」と賞賛され、鳥居に春の若芽の萌え出でたのをご覧になり、別名を「芽吹稲荷」と名付けたそうです。
 

宝くじ当選祈願の派手な看板

 
宝くじ高額当選祈願の派手な看板ですね。流石に江戸時代からの歴史を感じる絵柄です。
 

富籤(宝くじ)祈願の作法が書かれた看板

 
富籤(宝くじ)祈願の作法です。三宝の上に宝くじを乗せ神楽鈴でお祓いをするようです。
 

福徳神社拝殿の正面の全景

 
江戸時代には弁財天を合祀し、財宝を施す福の神として信仰されるようになったそうです。
 

宝くじの高額当選のお願いをする私

 
気合を入れてお賽銭を奮発し、二礼二拝一礼をして宝くじ大当たりのお願いを致しました。
江戸時代から続く宝くじ開運神社という事でグリーンジャンボでも期待が膨らみます。
 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊