茨城県下妻市の大宝八幡宮でドリームジャンボ宝くじ高額当選必勝祈願

大宝駅のホームで記念撮影

 
4回電車に乗って約3時間ほど掛かって秋葉原駅から守谷駅を経由して、茨城県下妻市にある関東鉄道常総線の大宝駅にやって来ました。
東京の西から来ると、かなりですね、遠いですね、電車がね、中々無いんですよ。
 

大宝八幡宮の大きな鳥居

 
本日は、関東では最古の歴史を誇るという、大宝八幡宮(だいほうはちまんぐう)でドリームジャンボ宝くじ高額当選必勝祈願にやって参りました。
到着すると大鳥居が迎えてくれ、続いて立派な随身門(ずいしんもん)が出迎えてくれます。
 

大宝八幡宮の歴史の云われ

 
宝くじの高額当選などの財運招福の御利益があるという事で、多数のメディアにも取り上げられている有名な金運開運神社さんです。
 

拝殿に向かう参道

 
大宝元年(701年)に、国産の金が対馬でとれて、天皇に奉納し「これは大きな宝だ」とお喜びになった天皇が「大宝」という年号を付け、その年に建てられた神社だったので、「大宝八幡宮」という名前になったそうです。
 

手洗い場では七福神の石牌

 
手水舎には、「龍、河童、亀、蛙、七福神」となんとも縁起の良さそうな動物や神様が取り囲み、運気を向上させてくれます。
 

大きな七福神の石牌

 
境内にはいたる所に開運関係の置物や七福神などの石牌があり、さすがに開運パワースポットとして有名な神社さんだなと感心致します。
 

大正天皇の大王松

 
こちらは大正天皇の即位記念樹の大王松でご神木になっております。
拝殿の奥にある本殿は天正五年(1577年)に、下妻城主多賀谷尊経(重経)によって再建されたもので、国の重要文化財に指定されています。
 

大宝八幡宮の大きな神額

 
大宝八幡宮が有名になったのは、2005年に宝くじ売場を運営する会社が販売前の宝くじを大宝八幡宮で高額当選祈願をしてからだそうです。
 

宝くじ高額当選のお願いをする私

 
この会社の宝くじ売場から、翌年2006年のドリームジャンボ、サマージャンボ、年末ジャンボで2等1億円の高額当選が合計8本も誕生!
その後も多くの100万円以上の高額当選が続出しているようで、2006年からの高額当選総額は、なんと40億円を超えているそうです。
 

宝くじにご利益がありという大宝お守り

 
今では茨城県ナンバーワンの金運開運宝くじの御利益が有るパワースポットとして県外からも多くの参拝客が訪れています。
「特に宝くじの高額当選で実績があります」という、もの凄いお守りを大量に大人買いしました。
 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

2年連続で東京日本橋の福徳神社でバレンタインジャンボ宝くじ高額当選のお願い

2017年グリーンジャンボ宝くじでは、半年ほどたった夏に2等2000万円に当たったというご報告が有りました。
換金されていて証拠の写真などは全く何も無いのですが、寸志10万円も頂いちゃったのでやっぱり当たったんでしょうね~!
福徳神社は、江戸時代に富くじの発行を許された、数少ない社寺の一社です。
徳川家康が何度も参拝に訪れていて、テレビや雑誌で有名な宝くじ開運神社ですね。
二代将軍徳川秀忠が参詣したところ、「福徳とはまことにめでたい神号である」と賞賛され、鳥居に春の若芽の萌え出でたのをご覧になり、別名を「芽吹稲荷」と名付けたそうです。
 
高層ビル群に囲まれた福徳神社

 
東京駅からほど近い、コレド室町の裏側の、ビルに囲まれた一角に福徳神社はあります。
 

見事な鳥居で参拝記念撮影

 
江戸幕府以前は太田道灌公を合祀し、その兜・矢・鏃などが奉納されたそうです。
 

多くの参拝客で賑わう境内

 
福徳神社は武将の信仰が厚く、源義家朝臣が深く崇敬されていた事が伝わっています。
 

宝くじのご利益が有りそうな雰囲気の拝殿

 
流石に宝くじ発祥神社の一つと云われておりますので、ご利益が有りそうな雰囲気が有りますね。
 

富籤の高額当選の作法

 
富籤(宝くじ)祈願の作法です。三宝の上に宝くじを乗せ神楽鈴でお祓いをするようです。
 

バレンタインジャンボ宝くじの高額当選祈願

 
気合を入れてお賽銭を奮発し、二礼二拝一礼をして宝くじ大当たりのお願いを致しました。
 

富籤守りの写真

 
去年と同じように、社務所で福徳神社謹製の芽吹き富籤守りを大量に大人買いしました。
 

宝くじ高額当選の看板の前で記念撮影

 
2018年度バレンタインジャンボ宝くじでは、福徳神社で大当たりのお願いをして、金持神社で宝くじのご祈祷をする。
去年に引き続き、今年も神様へのお願い黄金のコンビでご利益を頂き、柳の下の二匹目のドジョウを狙います!
 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

栃木県真岡市の白蛇辨財天で年末ジャンボ宝くじ高額当選のお願いです

白蛇弁財天の神額

 
2017年度年末ジャンボ宝くじ高額当選必勝祈願で、宝くじのご利益が有ると云われる、栃木県真岡市の白蛇辨財天(はくじゃべんざいてん)に参拝致しました!
白蛇辨財天は、金運がアップすると有名な神社で、最近はメディアにバンバン取り上げられるなど今話題の開運神社です。
 

白蛇弁財天の境内

 
最近もテレビに良く出ていて、平日の午前中にもかかわらず、多くの参拝客で賑わっておりました。
宮司さんとちょっとお話をしたのですが、非常に気さくな方で宝くじの高額当選をした方のお話をお聞きしました。
私もご利益を頂こうと思って、白蛇の根付を買っちゃいました。これで金運アップ!
 

巨大な蛇の石造

 
白蛇は昔から金運アップのご利益があると言われており、この神社では白蛇と弁財天を祀っています。
辨財天は、この地球上において生きとし生きるものが欠くことのできない水の守護神なのだそうです。
 

ご利益が有りそうな雰囲気の社殿

 
言い伝えによると、杜の中に白蛇が二匹住んでおり、二匹の白蛇は吉凶異変があると姿を現し、信仰するものは白蛇の予知と辨財天の霊護により災いを免れ、病を癒し、富を築いたといわれています。
ご本殿には、八臂辨財天座像(木彫)を安置しています。
 

金運銭洗いの瀧の看板

 
境内には銭洗いの滝があり、お金を洗い清める事でお金が増えるといわれています。
「洗い浄めたお金は種銭として大切に財布野中にしまう」という神社の教えがあります。
 

銭洗いの瀧への矢印看板

 
白蛇の御利益と銭洗いの滝のおかげで当選するという話も広まり、宝くじに当たった人からの喜びの声も届いているという事なので、年末ジャンボ宝くじでも大きな期待が寄せられますね。
 

離れた位置から見た銭洗いの瀧

 
ご本殿地下深くより湧く金運銭洗いの瀧の御神水は、銭を洗い清めることにより財宝が増える霊水として、さらに病気平癒の霊水として信仰されております。
 

銭洗いの瀧で五円玉を洗い清めます

 
今回は500枚の新品ピカピカ五円玉を銭洗いの滝で洗い浄めて参りました。
この五円玉を、今回お申し込みの先着500名のお客様に無料プレゼントさせて戴きます。
(お申し込みを頂いて、ご入金が確認されましたお客様からの順番になりますのでお気を付け下さい。到着時に五円玉が入っていたら先着500名様に入っていた事になりますね。)
 

洗い浄めた500枚のピカピカの五円玉

 

栃木県真岡市の白蛇辨財天で年末ジャンボ宝くじ大当たりのお願い
YouTubeの動画でご覧下さい


 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

福岡県の南蔵院でハロウィンジャンボ宝くじ高額当選のお願い

城戸南蔵院前駅の看板

 
ハロウィンジャンボ宝くじ高額当選必勝祈願で、宝くじの高額当選にご利益が有ると云われる、福岡県糟屋郡篠栗町にある南蔵院(なんぞういん)に参拝しにきました!
博多駅から電車に乗って30分、城戸南蔵院前駅から徒歩で3分で到着です。
 

別格本山南蔵院の看板

 
南蔵院は高野山真言宗の別格本山でもあり、篠栗四国総本山とも呼ばれているようです。
福岡なのに四国と呼ばれているのは、篠栗八十八ヶ所の1番札所だからでしょう。
篠栗には四国のように、八十八ヶ所の霊場があり、1番札所が南蔵院です。
巡礼の起点ということもあり霊場の中では最も広く立派です。
 

巨大な招き猫の石造

 
境内には開運パワースポットらしく、巨大な招き猫の石像が鎮座しております。
参拝する人たちの3割位は外国人観光客の人たちですね。外人さんも楽しいんでしょうかね。
 

落雷して剥がれた木の幹に、直に雷神様を掘ったご神木

 
敷地内には落雷して剥がれた木の幹に、直に雷神様を掘ったご神木なども見応えあります。
雷が落ちた木には雷神様が宿ると言われてるそうですよ。
 

凄い形相の睨みを効かした巨大な不動明王像

 
境内には真っ赤な炎をバックに、凄い形相の睨みを効かした巨大な不動明王像も鎮座しています。
本当に何もかもが巨大です。
 

横綱白鳳の奉納した提灯

 
横綱白鳳が奉納したという提灯です。
かなりメジャーな開運パワースポットですからね。
 

七福神の置物

 
プロゴルファー片山さんが奉納した提灯です。
奥にはかわいい七福神が陳列されております。
 

黄金の釈迦涅槃像

 
巨大な釈迦涅槃像の下にはお土産屋さんなどもあり、結構楽しめます。
今日は法事をやっている方たちも居るわ、外人さんも居るわ、参拝客も居るわで大混雑です。
 

巨大な釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)

 
ブロンズ製では世界一大きいとされる、巨大な釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)で有名ですね。
高さが11メートル横幅が41メートルもあり、重さ300トンという規模は圧巻の迫力です。
 

巨大なお釈迦様の不思議な紋様の足の裏

 
正面向かって右側には、巨大なお釈迦様の不思議な紋様の足の裏が見られます。
これは仏足(ぶっそく)といって、お釈迦様の足裏の模様を石に刻んだもので、こちらも礼拝の対象です。
それぞれの紋様にも意味があり、お釈迦様の尊い教えと慈悲の心が込められています。
 

宝くじの高額当選のお願いをしました

 
南蔵院の住職は何度も宝くじを当てていて、テレビなどでも紹介されている超有名人です。
1995年のジャンボ宝くじで1億3000万円の大当たり。
その数日後にはナンバーズ4で合計560万円の大当たり。
その後も大小あわせて30回以上の高額当選を繰り返しているという、恐ろしく強運の持ち主だそうです。
この幸せを多くの人におすそ分けしたいという事で、大黒天様を祀った大黒堂を建立したそうです。
 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

サマージャンボ宝くじ必勝祈願で東京タワー大神宮に参拝しました

東京タワー全景

 
梅雨の合間の曇空に、30年ぶりに東京タワーにやって来ました。
東京23区の中で1番高い位置の神社なので高い大当りのお願いです。
 

東京タワーの窓

 
こちらが有名な東京タワーのルックダウンウインドウです。ちょっと怖くて下を見ながら歩けません。
 

東京タワー大神宮の看板

 
東京タワー大展望台2階「タワー大神宮」の祭神は天照皇大神で、昭和52年7月に伊勢神宮より御分霊を迎え、すぐ近くに位置する「幸稲荷神社」の境外来社となっています。
 

東京タワー大神宮の云われ

 
東京23区で最も高い場所に位置する神社であることから、何かを高くしたい人にご利益があると言われていて、強力なパワースポットとして有名です。
 

東京タワー大神宮の絵馬

 
東京タワーは昭和32年、タワー大神宮は昭和52年に登場しました。ずっと東京に住んでいますが、中々東京タワーに来る機会はありませんでしたね。
 

神社の全景

 
このこじんまりした神社に開運パワーが秘められています。なんとか、高い!高い!大当たりを引き当てたいものです。
 

参拝する私

 
2017年度のサマージャンボ宝くじは、高い大当たりを目指すために、東京タワー大神宮の神様にバッチリとお願いしました!
 

幸稲荷神社の看板

 
幸稲荷神社は1394年創立、江戸初期に府内古社十三社に定められ、東京でも最も古い神社の一つと考えられています。
古くから、この付近は鎌倉街道にあたり、人々の往来も盛んで、江戸時代には講談寄席、大弓場、水茶屋等が常設され賑わっていたそうです。
 

幸稲荷神社の本殿全景

 
初期のころは岸之稲荷の社号でしたが、氏子や信者中に幸事が続出したので、幸稲荷神社と尊称されるようになったそうです。
 

もみじの瀧

 
東京タワーの足元には蛇塚があり、昭和40年に誕生した金運・出世運の有名なパワースポットです。
もみじ谷という人工の渓谷があり、お地蔵様が建ち並ぶ一角があります。
 

お地蔵様の奥には蛇塚

 
その一番奥の大きな地蔵様の裏に、とぐろを巻いた蛇の像が祀られています。
お参りをすると金運が上がるという評判や、願い事をすると出世するという評判が広がったそうです。
 

 

↓ジャンボ宝くじ購入代行サービスの開運★当り隊↓ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊